映画|悼む人の動画を無料でフル視聴できる動画配信まとめ

映画「悼む人」は、第140回直木賞を受賞した天童荒太のベストセラー小説を映画化、2015年に公開されました。

事件や事故に巻き込まれて亡くなった人を悼むため全国放浪の旅をする青年と、彼をめぐる人々が織りなすヒューマンドラマです。

この記事では、映画「悼む人」の動画を無料視聴する方法をまとめました。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

 

映画「悼む人」のフル動画を無料視聴

最初に映画「悼む人」のフル動画を無料視聴できる結論をまとめておきます。

後ほど映画「悼む人」を配信している動画配信サービスを調査した結果をまとめますが、今すぐ動画を見たい場合は参考にしてください。

【メモ】映画「悼む人」のフル動画を今すぐ観るなら

・映画「悼む人」の動画を無料で観るなら
→「U-NEXT

・「U-NEXT」を既に登録した事があるなら
→「music.jp

映画「悼む人」は現時点(2020年5月)で2つの動画配信サービスにて無料で観ることができます。

U-NEXT(見放題配信)←おすすめ
music.jp(ポイント作品)

どちらがおすすめかと言うと「U-NEXT」です。

U-NEXTは無料お試し期間が31日間あり、登録時に600円分のポイントが貰えます。

フル動画をお得かつ快適に視聴したいなら『U-NEXT』の利用をおすすめします!

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

それでは、映画「悼む人」を配信している動画配信サービスなど調査結果を紹介します。

映画「悼む人」を配信しているサービス一覧

各動画配信サービス上での映画「悼む人」の配信状況を一覧にまとめました。

配信サービス 配信状況 視聴メモ
31日間の無料お試しあり
初回600ポイント付与
見放題配信
今すぐ動画視聴可
× 配信なし
× 配信なし
30日間無料お試しあり
初回1600ポイント付与(全作品がポイント配信)
ポイント配信(330ポイント)
今すぐ動画視聴可
× 配信なし
× 配信なし
× 配信なし
× 配信なし
× 配信なし

映画「悼む人」を配信している動画配信サービスは調査した結果、9個中2個の動画配信サービスで配信されています。

先程もお伝えしましたが、おすすめは「U-NEXT」です。

31日間の無料お試し期間があります。

そして、映画「悼む人」は見放題で配信されていますので、今すぐに動画を無料で見れるのでおすすめです。

上記画像の通り、U-NEXTでは映画「悼む人」が見放題で配信されています。

加入特典で600円分のポイントが貰えるので、最新映画や他のポイント作品も1作品は無料視聴できます。

また、継続した場合は月額1990円かかりますが、毎月1200ポイントも貰えて、140,000本以上の見放題作品を実質800円くらいで見ることができるのも特徴です。

music.jpはポイント付与が多いのでお得に感じるかもしれませんが、全作ポイント配信なのでポイントを使い切ると課金が必要となります。

ですが、U-NEXTであれば

無料お試し期間が31日間と長く、映画「悼む人」は見放題で配信されているため登録直後に動画を無料視聴できます。

さらに、ポイントも600円分もらえるため、最新の映画や後ほどおすすめする似た映画も一緒に無料視聴できるのです。

そして、もちろん見放題作品も豊富です。

なので、映画「悼む人」の動画を無料視聴したいならイチオシはU-NEXTになります。

※U-NEXTでは、石田ゆり子さんが出演している作品も多く見放題作品も豊富です。

もちろん無料期間の31日以内に解約すればお金は一切かかりませんのでご安心ください。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

U-NEXTをチェックしたことがない場合はどんな動画が配信されているかを見てみるのもいいですね。

予想以上に見放題作品が多いと感じるかと思います。

サービス詳細は下記の記事でまとめてありますので、こちらも参考にしてもらえたらと思います。

U-NEXTの料金など特徴と利用して感じたメリット・デメリットまとめ

ただ、U-NEXTを過去に一度でも利用した事があると無料お試し期間が適用されません。

なので、その場合は「music.jp」がおすすめです。

music.jpでは登録直後に1600円分のポイントがもらえます。

そのため、330円分のポイントが必要な映画「悼む人」は貰ったポイントを使用して無料で観る事ができます。

上記画像の通り、music.jpでは映画「悼む人」がポイント配信されています。

登録時に貰えるポイントはU-NEXTよりも多く、継続した場合でも他の配信サービスよりも多くのポイントが貰えます。

また、継続した場合は月額1958円(新作映画4本分)かかりますが、毎月3000円分のポイント付与されるので、4958円分の動画を観る事ができます。

music.jpでは30日間の無料お試し期間がありますので、映画やドラマだけでなく、原作本から音楽まで多彩なコンテンツを楽しむ事ができますよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
30日間無料で動画視聴

続いて、映画「悼む人」の動画についての感想を集めてみました。

映画「悼む人」の感想一覧

映画「悼む人」を観た人の感想はこちらです。

※感想はクラウドソーシングサービスから『映画「悼む人」を観た人』を対象に感想を募集した内容です。

とうもろこしさん(女性)

原作、舞台とも観てとても好きな作品のうちのひとつです。

映画では豪華俳優人達が集まり、ストーリー展開もより分かりやすいものとなっております。

この映画を通して人の「死」そして残された人のこと、色んなことを考えることになると思います。

主人公は自分の知り合いでは無い赤の他人の死までも手を合わせ真剣に悼むため全国をまわります。

それが事故の被害者でも加害者でも、自業自得だろうと言い切れるような人物にでも分け隔てなく手を合わせます。

最初はなんて偽善者なのだろうかと思いながら見ていました。

胡散臭いやつだと。

しかし映画を見終わった後は自分がどんな人生を送って死ぬのかは分からないが、この主人公のような人がいたらいつか来る死も少し怖くなくなるなと感じました。

一見の価値ありです。

他にもツイッターに投稿されている感想を集めてみました!

主人公の静人を演じる高良健吾さんの悼む姿は独特で、光彩なども美しく、舞っているようにも祈っているようにも見えるのが印象的です。

高良健吾さんの静かな雰囲気が、静人の「悼む」姿をより幻想的に魅せてくれていますね。

静人のこの「悼む」行為によって、彼と関わった多くの人は、愛憎や罪・死生観について見つめ直すことになり、生きる苦しみから解放され変化していきます。

この映画を見終わった後は、きっと色んなことを考えるきっかけとなるそんな作品となっています。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

続いて映画「悼む人」のDVD情報について調べてみました。

 

映画「悼む人」のDVD情報とレンタル情報

Amazonで映画「悼む人」を検索したところ、2020年5月現在、DVDは新品だと5000円前後で購入することができます。

Blue-rayは新品で5200円前後、特典映像やブックレットが付いた豪華版はDVDもBlue-rayもありませんでした。

繰り返し観たいくらい気に入った映画はDVDを購入して、いつでも観れるように手元に置いておくのも良いですね。

次にDVDレンタルについてですが、2015年9月4日にレンタルが開始されました。

ネットレンタルのTSUTAYA DISCASでもレンタルは可能で、借り放題プランを使えば無料でレンタルもできます。

TSUTAYA DISCASにも30日間の無料お試し期間があり、借り放題プランを使えば無料でレンタルもできます。

PCやスマホから気軽にレンタルできて自宅までDVDを届けてくれるので、映画「悼む人」をDVDで観たいならTSUTAYA DISCASが手軽にレンタルできますね。

また、TSUTAYA DISCASなら他の映画もまとめて一緒にレンタルする事で、無料期間中に数多く観ることができるのでお得です。

後ほど紹介する似た映画も参考にしてもらえたらと思います。

\今すぐ映画を無料視聴する/
30日間無料でDVD借り放題

 

映画「悼む人」のあらすじ情報や出演者・キャスト

映画「悼む人」の基本情報をまとめておきます。

映画「悼む人」のあらすじと出演者・キャスト

亡くなった人が誰に愛され、誰を愛していたか、考えた事がありますか?

映画化の前に舞台化もされた大人気作品です。

簡単に映画「悼む人」のあらすじと出演者を紹介します。

【あらすじ】
不慮の死を遂げた死者の追悼を目的に全国の旅を続けている坂築静人(高良健吾)。

そんな彼の行動を疑問に感じる雑誌記者の薪野(椎名桔平)は、その真意を暴くべく静人の周囲を調査する。

一方、過去に殺した夫(井浦新)の亡霊につきまとわれる奈義倖世(石田ゆり子)は救いを求め静人の旅に同行する。

【出演者】
高良健吾、石田ゆり子、井浦新、貫地谷しほり、椎名桔平、麻生祐未、山崎一、平田満、大竹しのぶ

映画「悼む人」の主な登場人物

◆坂築静人(高良健吾)
元は医療機器メーカーの営業職だったが退職し、不慮の死を遂げた人々を悼むために全国を巡礼のように放浪している主人公。

◆奈義倖世(石田ゆり子)
夫を殺した過去を持ちその夫の亡霊にとらわれている、出所後に訪れた殺害現場で静人と出会い、彼の旅に同行する。

◆蒔野抗太郎(椎名桔平)
週刊誌記者で、山形のとある事故現場で静人と出会い、静人の悼む事に対して不信感を持ち、静人の身辺を調べはじめる。

映画「悼む人」の見どころ

この映画の見どころは静人の悼む行為の意味ではないでしょうか。

死者の死因や原因には興味を示さず、ただただ死者がどんなことをして人に感謝されていたか、誰に愛され誰を愛したかにだけフォーカスをあてています。

そんな静人の行為は、遺族や周囲からはなかなか理解されないのですが、静人はいつまでも自分は忘れないでいると悼むことで「死が辛くならない」と語っています。

これは彼が受けた祖父の死や友人の死によって、自分なりに見つけた「死と向き合う方法」なんだと思います。

恨みや辛い気持ちにばかりにとらわれず、どんな命にもある様々な愛のかたちを刻むことで、「死」が永遠の「生」に変わるという事に気づかされます。

そんな映画「悼む人」の予告編は、こちらで観ることができます。

映画「悼む人」に似た映画を紹介

映画「悼む人」を観終わったあとに「同じ感覚になりたいな」という方のために、映画「悼む人」に似た作品一覧をまとめました。

映画「悼む人」以外のおすすめ映画
・バースデーカード
・母と暮らせば
ツナグ
・おくりびと
・夫婦フーフー日記

上記で紹介した作品は大切な人を亡くした事をテーマにした作品です。

「バースデーカード」は、橋本愛さんが演じる主人公・紀子が10歳の時に母親を亡くし、その母親から毎年届く誕生日カードに励まされながら人生を歩んでいく紀子の成長を描いた人間ドラマで、母親の芳恵を宮崎あおいさんが演じています。

「母と暮らせば」は、戦後の長崎を舞台に、原爆で死んだ息子が生き残った母の元に亡霊となって現れるストーリーで、母と子の絆が丁寧に紡がれた山田洋二監督初のファンタジー作品、母を吉永小百合さんが、息子を二宮和也さんが演じています。

「ツナグ」は、一見するとごく普通の男子高校生が、大切な人を亡くした者と死者を一度だけ再会させる仲介人「ツナグ」という不思議な職業を通じて、他人の人生に深くかかわっていく葛藤と成長を描いたファンタジー映画で、主人公を松坂桃李さんが演じています。

「おくりびと」は、一般に知られていない納棺師の仕事に焦点を当てた作品で、ひょんなことから納棺師の見習いとなった元チェリストが、日々とまどいながらも様々な死と向き合い人生をみつめるヒューマンドラマです。

「夫婦フーフー日記」は、実在する夫婦が病気について綴ったブログが書籍化され、それを元に映像化した作品で、1人育児をするダンナのもとに幽霊になってヨメが現れるという脚色を加えて、夫婦が共に歩んできた日々を俯瞰しながら少しずつ現実を受け入れていくという過程が描かれた、泣けるけれども明るく笑える作品です。

映画「悼む人」が気に入った方は、ぜひチェックしてみて下さい。

 

まとめ

以上、映画「悼む人」の動画を無料視聴する方法の紹介でした。

映画「悼む人」をお得に無料視聴できるのは「U-NEXT」という結果となりました。

「U-NEXT」なら無料お試し期間が31日間と長く、見放題作品も多く、新作もいち早く配信しているなど非常におすすめできる動画配信サービスです。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

ただ、U-NEXTを過去に登録した事がある場合はmusic.jpがおすすめです。

music.jpも無料お試し期間が30日間と長く、貰えるポイント数が他の配信サービスと比べて多い音楽やマンガなどのコンテンツも楽しめる動画配信サービスです。

50音別|見たい映画を探す

あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。